厚労相:「300人超企業に義務づけ」女性登用の数値目標

001 (6)
塩崎恭久厚生労働相は7日午前の閣議後の記者会見で、今国会に提出する「女性活躍推進法案」に盛り込む企業の女性登用の数値目標設定について「300人超の企業は義務とすることが決まったことは大きな前進」と述べた。従業員300人超の企業に数値目標の設定や公表を義務づけることを、同日午後の労働政策審議会分科会に諮問する考えを示したものだ。

 同分科会は諮問を妥当と答申するとみられる。これを受けて政府は大企業に数値目標の設定や公表を義務づける見通し。ただし、具体的な数値目標の設定項目については「企業がそれぞれ判断する」(塩崎氏)としている。