株式会社Another works、SaaS型複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド」においてスポーツチーム向け・教育機関向けのサービスを提供開始

近年、大企業において複業の解禁が広がるなど、複業の需要が高まっている。複業人材の活用により優秀な人材を確保できる一方で、自社に合った人材を採用できないなどの課題がある。 株式会社Another worksは、同社が提供するSaaS型複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド」においてスポーツチーム向け・教育機関向けのサービスを提供開始した。 「複業クラウド」は複業・業務委託に特化したマッチング型の採用支援サービスである。これまで同サービスは、採用コストの削減や転職市場にはいない即戦力の人材とのマッチング機会を創出してきた。また、以前より「複業クラウド for Public」を通して自治体との連携協定も行ってきた。 今回提供開始されたスポーツチーム向け・教育機関向けサービスの特徴は以下の通り。 スポーツチームの多くは地域に根差した活動をしており、慢性的な人材不足が課題である。そのため「複業クラウド for Sport」は、スポーツチームが複業人材を採用することにより経営の強化を可能にするサービスとなっている。 「複業クラウド for Academy」は、複業人材が学校教員とともに学校課題解決に取り組むことで教育改革の実現を目指すプロジェクトだ。多様化している社会の中で、生徒や教員に様々な専門性や経験を持つ複業人材との協働の機会を創出する。 今後も少子高齢化の進行は加速し、労働人口減少による人手不足はますます深刻な課題となっていく。そのため、複業人材を採用し活用していくことが解決策の一つとなるだろう。 【参考記事】「複業クラウド」導入件数が累計800社、32自治体を突破。更なる事業拡大のためにスポーツ・教育分野の複業登用に本格参入