女性はSTEMキャリアについて知るべきである(イギリス)

101106-N-8863V-113

科学の分野で女性が活躍してほしいと思うのならば、テクノロジーやエンジニアリングの分野への関心を、義務教育の間から持ってもらう必要があるとReThink Recruitment社は言います。

STEMとはScience(科学)、Technology(テクノロジー)、Engineering(エンジニアリング)、Mathematics(数学)の頭文字をとった言葉で、学校教育の中でSTEM教育をすることで、女性によりSTEMキャリアへの興味をもってもらいたいという事です。

WISE(科学・テクノロジー・エンジニアリングでの女性の活躍)の10の計画も、うまくいっていないと同社は述べています。これは、より広い範囲でキャリアをデザインするという事を含むアドバイスや、フレキシブルな働き方、リーダーを育てること、偏見や女性差別を解消することを含んだ10の計画です。

同社のMichael Bennett氏は「科学分野で女性が少ないということを解決するための方法は今までも考えられてきましたが、未だにそれは解決できていません。私は、教育の早期段階、義務教育の間に科学分野に興味を持ってもらうことがこの解決法だと思います。」と述べています。

Businesses wanting to recruit more women into science, technology and engineering roles need to start talking to female students while they are still at school, according to ReThink Recruitment. It was also critical of the WISE (Women in Science, Technology and Engineering) 10-point plan, which has been signed up to by 20 employers. This offers 10 key pieces of advice, including designing job roles more creatively, offering flexible working, educating leaders and challenging any bias or sexism.

参考:Recruitment
http://www.recruiter.co.uk/news/2014/10/females-need-to-know-about-stem-careers-while-still-in-early-education-says-recruiter/#sthash.SpvJU5za.dpuf