キャリアの為の海外勤務に関する調査(アメリカ)

141002172258-working-abroad-620xa

世界中の64%の人々がキャリアの為に海外へ行きたいと思っているということが、最近の調査であきらかになりました。

ボストンコンサルティンググループとネットワーク(ネット求人会社)が海外勤務・転勤に対するオンライン調査で20万件以上のアンケートをとりました。
経済が安定している国よりも、発展途上国(パキスタン・ジャマイカ・ホンデュラス・ガーナ等)の人々はより海外勤務に積極的であることがわかりました。
しかし、経済が安定しているにもかかわらずフランスやネザーランドは例外で、90%以上の人が海外勤務をしたいと思っているといいます。
対照的に、アメリカ人やイギリス人、ドイツ人は50%以下でした。

【海外勤務希望者が多かった国】
フランス、オランダ、パキスタン、アラブ首長国連邦、ジャマイカ
【海外勤務希望者が半数以下だった国】
アメリカ、イギリス、ドイツ、アイルランド、ロシア

もちろん、海外勤務といっても働く場所によって違いがあります。
海外勤務を進んで希望する人の中で、アメリカ人以外の人が最も働きたい国はアメリカでした。
一方でアメリカ人はイギリスが一番良いと答えています。

【アメリカ人以外の人が勤務を希望する国ランキング】
1位 アメリカ
2位 イギリス
3位 カナダ
4位 ドイツ
5位 スイス

【アメリカ人が勤務を希望する国ランキング】
1位 イギリス
2位 ドイツ
3位 カナダ

また、どこの都市で働きたいかという質問では、ロンドン・ニューヨーク・パリ・シドニー・マドリッド・ベルリン・バルセロナ・トロント・シンガポール・ローマがトップ10入りしました。

Yet a new survey found 64% of people worldwide say they would be game to cross borders for their careers.
The Boston Consulting Group and The Network, an online recruiting firm, culled through more than 200,000 responses to their online survey, which sought to gauge who is willing to work abroad and why.

参考:CNN Money
http://money.cnn.com/2014/10/05/pf/working-abroad/index.html?iid=SF_BN_River