23万人が留学…中国の若者は米国を目指す

wor1410190019-n1

日本の一部の大学は、中国の優秀な学生を留学生として招こうと、リクルート活動の拠点を北京や上海に設けている。東京大学や早稲田大学がそうした大学の代表だが、中国の学生たちの眼は、日本よりは米国に向いているようだ。

 中国の大学生の数は前世紀末から急増し、海外に留学する者も今世紀に入って激増している。2000年に新たに留学した者は4万人に満たなかったが、13年にはその数が41万人を超えた。むろん世界最大である。