エボラ熱によって生じる雇用問題の対策をしていますか?(アメリカ)

ebola_virs_images

エボラ熱は医療分野だけの問題であると考える人も多いでしょう。
しかし、企業のリーダーや人事関係の人々は、やがてやってくるであろうエボラ熱によるパニックや不安が社員や採用予定候補者にネガティブな印象を与えるであろうことに気付くべきです。

今後起こりうる、感染が拡大した際のシナリオについて考えてみましょう。
社員は感染の兆候がわずかにでもある他の社員や客を避けるようになるでしょう。
人事部は、病気での離職や、病気になった場合の福利、それ以外にもエボラに関する様々な問題についての質問や不安で機能しなくなるかもしれません。
もしあなたが問題に直面した時に困るよりも準備をしておきたいと考えるのであれば、エボラ熱の脅威は社員のシビアなストレス、混乱、生産性の低下につながる可能性があるということに対して対策を講じることです。

【エボラ熱の拡大に対策しておくべき10のこと】
1.社員の生産性の低下に対する問題への対策
2.雇用の問題…海外(特にエボラ熱による被害がある国)国籍の社員・候補者に関する問題への対策
3.誤伝達の問題…うわさなどに対する対策
4.社員関係の問題…エボラの疑いがある人が出た場合の社員関係の問題への対策
5.病欠による問題…自宅勤務を勧めるなどして、出社させないこと
6.医療援助の問題
7.海外出張や旅行への対策…社員の海外出張や旅行に関する対策
8.アフリカへ行ったことがある人への偏見への対策
9.在庫などのビジネス上の問題…エボラ熱が経済全体に与える影響に対する対策
10.実際にエボラ熱感染者が出た場合の扱いに関する対策

You might initially think that Ebola is only a medical issue, but corporate leaders, HR, and recruiting professionals should realize that the likely upcoming Ebola-related panic and anxiety will also negatively impact an organization’s employees and candidates.

http://www.ere.net/2014/10/20/ebola-are-your-corporate-leaders-prepared-for-all-upcoming-employee-issues/