香港の雇用状態、安定が予測(香港)

31775131_xxl_0

2014年度10~12月における香港の雇用状態に楽観的な展望が予測されています。

企業主815人のサンプルを集めた調査(Manpower Employment Outlook Survey)は、彼らの雇用意欲の注目すべき発展を示しており、「現在と比較して2014年度最終四半期における雇用状態はどう変化するか?」という質問に対し、21%の企業主が社員数の増加を予測しています。
また、社員数の減少を予定する企業主は全体のたった5%で、残りの71%は何の変化もないと回答しています。

この調査は、ファイナンス・保険・不動産/製造/鉱業・建設/サービス/輸送・公益事業/卸売り・小売業の計6セクターを比較しましたが、これら全セクターにおいて2014年度10~12月の社員数増加が見込まれており、同時期における純雇用予測は16%となっています。

また、最も盛んな雇用活動が予想されるのはサービスセクター(23%)で、鉱業・建設(21%)、ファイナンス・保険・不動産(18%)が後に続きます。

「季節変動を考慮に入れると、雇用予測は2四半期連続で15%となります。前年と比較して、雇用意欲は割合に安定な状態を保っています。」と調査にはあります。

Once the data is adjusted to allow for seasonal variation, the outlook stands at 15% for the second consecutive quarter. Year-over-year, hiring intentions remain relatively stable,

参考:HRM ASIA
http://www.hrmasia.com/content/hong-kong%E2%80%99s-hiring-outlook-set-stay-stable

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *