フェイスブック&アップル社 卵子凍結技術を提供

iStock_000031266186Large
シリコンバレーの大企業は卵子の凍結によって出産を延長する手段を女性社員らに提供しようとしています。
テクノロジー大企業フェイスブックとアップル社は、有能な女性社員を引きつけ彼女たちをより長く雇い続けようとする競争のさなか、ユニークな社員手当に資金を投じる意欲を表明しました。

フェイスブック社はすでに2万USドルの資金を「卵母細胞冷凍保存(oocyte-cryopreservation)」と呼ばれる卵子凍結技術に提供しています。これによって女性社員はキャリアの中で子供を設ける時期を遅らせることができます。
1月からはアップル社も同様の政策をオファーする予定です。

アップル社は声明文内で「我々は産休の延長や、不妊治療支援の一環としての卵子凍結・保存技術の提供によって女性社員が受けられる利益を拡大し続けます」と述べています。

We continue to expand our benefits for women, with a new extended maternity leave policy, along with cryopreservation and egg storage as part of our extensive support for infertility treatments

この技術には一般的に最大1万USドルのコストがかかり、さらに保存に必要な年間費用は500USドルです。
卵子凍結は高額ですが、出産時期を延長できるものとして女性からの人気が上昇中の選択肢です。

参考:hrm asia
http://www.hrmasia.com/content/facebook-and-apple%E2%80%99s-egg-freeze-offer