音楽は生産性を上げる (イギリス)

radio

多くの人々にとって朗報です。仕事でお気に入りの音楽を聴くと効率が劇的に改善されることが分かりました。
イギリスに拠点を置くMindlab Internationalの研究は、音楽を聴きながら働くとデータ入力・校正・問題解決能力が改善される一方、全く音楽を聴かない場合、生産性は最も低くなることを示しています。
例えば、実験参加者のほぼ10人に9人(88%)が音楽を聴いている間に最も正確な仕事をし、81%がタスクをより早く完了させています。
研究者によると、作業中の仕事と望む結果によって聴く音楽を決定せねばなりません。例えば、会計係はクラシック音楽を聴くべきですが、これはこの音楽が計算能力の改善に最も効果的だからです。

また、ポップミュージックにはスピードを上げる効果があり、58%がこの音楽を聴いている間にデータ入力を早く完了させました。さらにダンス音楽は校正のペースを20%上げ、スペルチェックの正確性を75%向上させています。

Mindlab Internationalのチアマン、David Lewis博士は「音楽は職場の効率を上げる非常に強力なマネージメントツールです。」「音楽は非常に良い影響を社員のモラルやモチベーションに与え、生産高向上の手助けをし、さらには企業の最終収益を上昇させます。」と述べます。

It can exert a highly beneficial influence over employee morale and motivation, helping enhance output and even boosting a company’s bottom line.

参考:hr grapevine
http://www.hrgrapevine.com/markets/hr/article/2014-10-22-pop-music-productivity-boost-music-to-employers-ears