国外居住者が住みよい国

FlickrUser-BillZimmerman

第7回によると、国外居住者らは、生活の質・経済面・家族の養いやすさの点でスイスを第1位に選びました。

スイスはキャリアの前進や高い給与を得られる場所として高くランクされており、スイスに移転した人の1/4が年間20万ドル以上稼いでいます。
また、スイスは地方経済に対する満足度が最も高い国で、移転者の約半数(47%)が地方経済に対する満足を示しています。
アジアは経済面で最高の地域として浮上しており、この地域に移転した人の19%が年間20万ドル以上稼ぎ、65%が移住後に収入が増えたと回答しています。
なかでも中国は高い所得を得るのに人気の場所であり、38%の移転者が年間20万ドル以上稼ぎ、76%が自国にいた時より収入が増えたと答えています。

また中東への移転者の74%は滞在する国の経済の見通しに満足しており、この地域は収入の可能性を上げようとするキャリア志向の移転者を引き寄せています。
なお、56%の移転者がより良い仕事の可能性をもとに移転しており、35%が収入を増やすために移転したと回答しています。
一方、ニュージーランドは人生経験や家族を養う点で最高の場所であり、新たな人生を最も始めやすい国としてランクされています。
54%の移転者が生活水準を改善するためにこの国に移転しており、気候・風景(89%)、友好的な地元住民(75%)、仕事と家庭の良いバランス(71%)の点で高いスコアを得ています。

国外在住者ランキング 2014年度調査結果
1.スイス
2.シンガポール
3.中国
4.ドイツ
5.バーレーン
6.ニュージーランド
7.タイ
8.台湾
9.インド
10.香港

参考:hr grapevine
http://www.hrgrapevine.com/markets/hr/article/2014-10-20-switzerland-tops-the-league-tables-in-hsbcs-seventh-expat-explorer-survey