10月の米雇用者数:前月比21.4万人増-失業率は5.8%に低下

data (1)

 11月7日(ブルームバーグ):10月の米雇用者の増加幅は9カ月連続での20万人超となった。また失業率は予想外に低下し、6年ぶり低水準となった。
米労働省が発表した10月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比21万4000人増加した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は23万5000人増だった。前月は25万6000人増(速報24万8000人増)に上方修正された。