シフトワークが社員の知能に与える影響 (フランス)

WikipeidaUser-Rodw
最新の研究によると、不規則なワークシフトは人々の知能や記憶力に長期的な損傷を負わせる可能性があることが分かりました。
この調査はフランスに住む3000人を対象として行われ、不規則なワークシフトを10年間続けた人の認識能力の衰退は、6年半の加齢に伴う認識力の低下と等しいことを明らかにしています。
British Medical Journal にこの研究について寄稿した著者らは、シフトワーカーに自分の健康を監視するよう助言し、「本発見はシフトワーカー、特に10年かそれ以上シフトワークを続ける人に対する医学的監視維持の重要性を強調しています」と記しました。
また科学者らは、不規則なシフトで働く人は通常勤務の人より記憶力や認識の速度が著しく劣ることを発見しました。
過去の調査によると、不規則な仕事は時差ボケと同じように体内時計を狂わせることが分かっています。
また、この状況は心臓や癌に関わる健康上の問題のリスク上昇にも関係しています。
さらに、徹底的な調査により不規則なワークシフトの停止は認識機能の改善に通じることが分かりましたが、その効果が期待されるのは仕事を離れてから5年後のことです。

「夜間に行われるリスクの大きい仕事の増加を考慮すると、この調査は個人のみならず社会全体に対して重要な安全上の変化をもたらすかもしれません。」
「また、認識能力に大きく依存する日常的な活動の観点で、これはシフトワーカーの人生の質にも影響を及ぼすかもしれません。」と著者らは述べます。

It may also affect shift workers’ quality of life, with respect to daily life activities that are highly dependent on the availability of cognitive resources,

参考:HR Grapevine
http://www.hrgrapevine.com/markets/hr/article/2014-11-04-shift-work-could-be-affecting-employees-mental-ability-scientists-claim