2015年は雇用が促進する見込み(アメリカ)

141202144047-assembly-line-worker-620xa

テクノロジーやヘルスケア分野に特化したキャリアウェブサイトを運営しているDice ホールディングス(DHX)の調査によると、企業の60%が来年度の雇用の増加を見込んでいます。
しかし、40%以上の企業が、良い候補者を探し出すのに未だに苦戦していると報告しています。

■スキルギャップについて
ジョブマーケットが改善しても、労働者のスキルと企業のニーズのギャップは依然として改善されていないと専門家は話します。
「もしあなたがスキルを得て、すぐに雇用されたならば、労働市場はとてもよくなってきているのかもしれません。」とハーバードビジネススクールの教授であるジョセフ氏は言います。「しかし、スキルがなくて、仕事がないとしたら、職につくのはかなり難しい状況だと言えるでしょう。」

■2015年にたいする楽観的な見方
スキルギャップはまだ改善されていない現状がある一方で、それは長くは続かないだろうとカリフォルニア大学のエコノミストであるピーター氏は言います。
「スキルミスマッチが多くあるのは、一時的な状況だと思います。」と同氏は言います。
このピーター氏の考え方を支持するエコノミストもおり、来年には労働市場は良い傾向を示すのではないかと言われています。

About 60% of employers expect to increase hiring next year, according to a survey published Tuesday by Dice Holdings (DHX), which runs career websites for tech and health care. But over 4 in 10 companies reported they still struggle to find qualified job candidates.

http://money.cnn.com/2014/12/02/news/economy/jobs-hiring-trends-2015/index.html?iid=SF_BN_Lead