【経済低迷】韓国人が2015年に望むもの1位は「就職先」

3950370d8fee5148d887cffdd40729dbcaf7395c_w=666_h=329_t=r_hs=ba9706459bf828e423023f7bbfca8f7f

2015年の韓国社会はどうなるのだろうか。それを占う興味深い調査結果がある。朝鮮日報が20代から60代までの成人男女500人を対象に行なったアンケート「2015年にもっとも望むことは何か」だ。

 同アンケートの回答で多かったのは就職問題。すなわち、多くの韓国人が「無事に職場が見つかりますように」という願いを胸に秘めており、特に20代と50代でその傾向が顕著になった。

「ここ5年の統計を見ると、大学卒業者の就職率は年々下がり続けています。20代全体で見た時も失業率は増加する傾向にある」(韓国大手紙記者)