雇用法改定でより多くの保護(シンガポール)

TKShentonWay12112013e

シンガポールでは、雇用法の改定に伴い、新たに45万人の労働者が法の保護を
受けられるようになりました。

法の保護が適用される賃金要件が月収S$2,000からS$2,50に引き上げられたことにより、
新たに15万人の労働者が法の保護を受けられるようになりました。
また、月収S$4,500を下まわる専門職や管理職30万人も新たに法の保護を受けることになります。
なお、改定前は対象となる労働者は16,000人しかいませんでした。

この法により、雇用者は決められた期日に正しく賃金を支払うことが求められ、
労働者は病気の休暇、不当解雇防止等において法で守られることになります。

人材大臣のタン氏は今回の改定に際し、「この改定は労働者にとってあるべき変更であり、
雇用者側は競争力を維持する必要がある」と述べています。
合わせて、雇用者は管理職の在り方や評価等を見直す必要性を示唆しました。

The latest changes will “ensure reasonable labour standards for workers while balancing employers need to stay competitive,” said Acting Manpower Minister Tan Chuan-Jin.

参考:sph
http://www.straitstimes.com/microsites/parliament/story/key-labour-law-expanded-protect-more-workers-20131112

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *