新人研修の手間を省くテクノロジー(シンガポール)

iphone-393080_1280

最新の調査によると、社員が企業で体験する事の中で「新人研修」が最も重要な時間かもしれません。これは社員のパフォーマンスや離職率に長期的な影響を与えます。

企業での最初の時間が粗末なものであるために多くの新たな雇用が台無しになっています。アメリカの統計によると、新入社員の33%が6か月以内に新しい職を探しており、23%が1年以内に転職しています。

ここでの問題は、マネージャーの生活はかつてないほど忙しく、新入社員の最初の1ヵ月を刺激的で生産的なものにすることが簡単ではない点です。

eBayのKristin Yettoは「社員が悪いスタートを切ると、企業内への溶け込みに大きな影響が出る」と指摘しますが、不幸な現実として大半の企業が…自らも認めるように…新人研修に十分な注意を向けていません。

効果的な新人研修の最大の障害は、新しい人材を適切に評価・コーチするための時間(とその不足)です。しかしデジタルの行動評価や介在は社員の調子を改善・計測する手助けをします。

デジタルの新人研修ツールは、社員の高い定着率やエンゲージメントのような成功の指標をマネージャーが収集する手助けをします。これを、パソコン画面によって研修の各段階で何時・何をすべきかを容易に知ることができる「労働力の遠隔測定」と考えてください。

これらのプラットフォームは新入社員が必要な水準に達していることをマネージャーや人事担当に確信させ、一貫性のある研修を提供します。また、これらは過程の透明性を上げ、マネージャー・社員間のコミ二ケーションの能率を高めます。

デジタルツールを人的交流の代用として考えないことが重要です。これらのツールは使用者(社員とマネージャー)を支え励まし、新たな同僚との生産的で長期的な人間関係を構築することを目的としています。

参考: HR in ASIA
http://www.hrinasia.com/hr-tech/how-technology-can-save-onboarding/