【アメリカ】ロレアルの採用戦略から学ぶ3つの事

loreal1

昨年開催されたLinkedInのイベントで、世界最大級の化粧品メーカーであるロレアル(L’Oreal)社が注目を浴びました。その理由は、他の会社がプレゼンテーションの中に取り入れていなかった、“音”という側面に重きを置いたからです。

求職者を惹きつけるロレアル社の精神を、以下の3つのトピックでご紹介します。

■候補者の印象に残る為には?
ロレアル社は同イベントのプレゼンテーションの中で、“音”に重きをおきました。グラフや写真、文章などのヴィジュアルで会社の事を伝えるのが一般的ですが、ロレアル社は動画と並行して効果的に音を使用することで、会場を盛り上げ、会社の精神を候補者と共有したのです。商品を紹介するだけでなく、自社の歴史や精神を効果的な方法で紹介する事で、より大きなインパクトを与える事が出来るのです。

■型にはまった方法だけではなく、様々な方法を使う
ロレアル社は求職者を惹きつけるツールとしてソーシャルサイトのMediumやJelly、Flipboard、SoundCloudなどを利用しています。ソーシャルメディア上で募集をかけるだけでは無く、会社の魅力や社員の考えなどを紹介する事で、人材を惹きつけているのです。

■失敗を恐れない事
新しい事をするには失敗がつきものです。ロレアル社もこの戦略が上手くいくのに2年かかったといいます。今ではLinkedIn上でのフォロワー数が50万人に達するほどです。

Late last year, L’Oreal presented its talent attraction strategy at the LinkedIn Talent Connect event in London.

参考:ere.net
http://www.ere.net/2015/04/10/3-things-to-learn-from-loreals-attraction-strategy/
ロレアルのプレゼンテーション動画:https://www.youtube.com/watch?v=vryGj6_Sf0k