【シンガポール】シンガポール中小企業 人事タスクのアウトソーシングに資金を確保

SMEs-to-get-funding-for-outsourcing-human-resource-tasks

5月1日から、シンガポールの中小企業(SMEs)は人事機能のアウトソーシングの際に財政的な支援を利用できます。

Singapore Expoで開催されたemployee management conferenceで通商産業省のTeo Ser Luckが4月22日に行った発表によると、企業の発展を支援する機関「SPRING Singapore」は、人事機能のアウトソーシングの際に企業が被るコストの最大70%に資金援助を行う予定です。
この資金援助はアウトソーシングに伴う1度きりのコストや、最大1年分の経費の支払いを助けることになります。

またSPRINGは、企業が社員の管理業務を任せられる11の人事サービスのプロバイダーを任命しました。
2015会計年度に発表されたこのイニシアティブによって、企業は「給与処理」や「社員のデータ管理」のようなタスクを実行させるサービスプロバイダーを獲得できます。
社員の管理業務に必要な資金や人材が不足している小規模企業は、このイニシアティブから最も大きな恩恵を受けることになるでしょう。
このスキームへの申し込みは2016年4月30日まで行われます。

参考: HR in ASIA
http://www.hrinasia.com/hr-news/smes-to-get-funding-for-outsourcing-human-resource-tasks/