人事担当者・求職者ともに知っておくべき、最新のアメリカの就職・求人事情

良い人材を確保する競争は、ここ数年ヒートアップしています。2014年の調査によると、アメリカの雇用主の40%は、欠員補充に難を感じています。人材市場の力関係は、雇用主から求職者へと移ってきています。求職者の傾向を理解していれば、会社は的確な求人戦略を行って、将来有望な人材を確保できるでしょう。今回は、人事担当者も求職者も知っておくべき、アメリカにおける求人のトレンドをご紹介します。1.求人掲示板はまだまだ人気求人掲示板は求職者には最初から人気がありました。「LinkedIn」による2015年の調査によると、2014年の雇用者数は最高でした。数が多いからと言って、質が良いとは限らないの