韓国大企業で非正規雇用の比重がさらに高まる : 政治 : ハンギョレ

一つの事業所で300人以上が働く企業の非正規労働者の割合が38.3%に達することが分かった。昨年より小幅増加した。特に大企業ほど低賃金と雇用不安に苦しむ非正規労働者の割合が高く、企業の社会的責任をめぐる批判の声が高まるものと見られる。
 雇用労働部は30日、300人以上の労働者が働く企業3233カ社の「雇用形態」を公表した。これを見ると、全体労働者459万3000人のうち175万9000人が非正規職労働者だ。非正規労働者の割合は、昨年36.8%から38.3%に1.5%ポイント上昇した。このような雇用形態の悪化は、主に期間制と時間制(アルバイト)労働者が増えたことによるものだ。期間制と時間制の割合は、昨年の16.9%から1.4%ポ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *