【カナダ】Facebookの採用活動ですべき3つの事

3thingseffectivefacebookrecruiting1-e1434367314790

2015年第1四半期の発表によると、Facebookは現在月間14億人以上のユーザーが利用しています。
今では、ペプシやGapなどの大手企業が利用しているなど、採用活動でFacebookが利用されることも多くなりました。

人材確保の競争に打ち勝つためには、企業はFacebook上での存在感を出す必要があります。
Facebookでの採用活動ですべき3つの事をご紹介しましょう。

1.企業イメージを確立する
企業イメージは、企業が何に価値を置き、どんな目的、企業風土をもっているのかを含むものです。
企業イメージを確立すれば、それ自体が良い人材を惹きつけるものとなるでしょう。
言葉だけでなく写真やビデオも積極的にFacebookに掲載することで、おのずと求職者たちの企業に対する良いイメージが確立するでしょう。

2.従業員全員を巻き込むこと
どれだけ働きやすい職場かをアピールするには、実際に働く従業員にアピールしてもらう事が効果的です。彼らの仕事内容や会社の雰囲気、写真などをFacebookに上げることが、求職者へのアピールになります。
また、従業員とFacebook上でコミュニケーションをとることで、求職者は「この会社は従業員を大事にしている、従業員同士の仲が良さそうである」と感じるということです。

3.積極的にFacebookを利用する
Facebookのグループに参加する事、他人のポストに「いいね!」すること、コメントすること、Facebookを通してあなたの会社にコンタクトをとってくる人には誰にでも真摯に対応することが、Facebook上での採用活動には不可欠なのです。

There are over 1.44 billion monthly active users on Facebook, according to the social network’s first quarter 2015 earnings announcement.

https://www.jobcast.net/facebook-recruiting-3-things-all-companies-should-do/