【アメリカ】女性に働き続けてもらう為に必要な4つの事

shutterstock_166600271-700x467

女性が消費者として力があるというのは周知の事実ですが、依然として組織側はライフイベントの節目に女性が職場を離れてしまう事を防げていないのも事実です。女性に長く働いてもらう為に、人事担当者が意識しなければならない重要なポイントを4つご紹介します。

■偏見に気づく
私たちは皆、偏見を持っています。それ自体は自然な事ですが、大事なのはその偏見を持っている事実に気づくことです。まずは、あなた自身が女性をどう見ているか、また女性が職場で貢献する事をどう捉えているかを考えてみましょう。

■女性の持っている価値感を知る
女性の価値観やモチベーションは男性とは違うものであり、組織に対して重要なものでもあります。組織内での関係構築についてや、他人に教える事が好きかどうか、コミュニティや組織への帰属意識についての質問をしたことがありますか?これらの事は女性にとってモチベーションになるかもしれません。

■新しいソーシング戦略を確立する
才能ある女性に仕事をふるために、新しいソーシング戦略が必要となります。積極的に活躍してくれる女性をさらに活かす為に、時間に縛られずに仕事ができる環境を提供する必要があります。

■女性にとって価値のある提案をする
公平な給料制度にすることで、女性が組織に居続け易くなります。他にも、あなたにとっての価値ある改善とは何かを理解する事で、女性にとってはどうかという問題を解く鍵に繋がります。なぜ女性たちは貴社に入ったのでしょう?居続けてくれる理由は何でしょう?女性にとって成長のための機会とは何か、そして組織内に居ながらにしてどのようにそれに気付く事が出来るでしょうか?こういった問題を考える事が重要です。

今後の人材の獲得において、有能な女性を雇用する事が重要になってきます。女性が潜在的に持っている、組織を成功に導くための能力を、効果的に発揮できるような環境を整えましょう。

http://www.eremedia.com/ere/how-we-can-bring-women-back-to-work/

Despite the fact that we know women make up the largest portion of consumers in the world and have more power and influence than ever, women are leaving the workforce in droves.