インド人はアメリカ人に次ぐハードワーカー?(インド)

570f9c14-39b7-4cc9-ad86-01ac5f09288dMediumRes

大多数のインド人は、自分たちはアメリカ人に次いで最もハードワーカーな国民であると考えているようです。
Monster-GfKの調査によれば、インド人回答者の85%はアメリカ人を最もよく働く国民であると見ており、また81%は自分達自身についてもよく働く国民性であると答えました。

Monster.comのSanjay Modi氏は「インド人は根が楽観的でポジティブな気質であり、仕事仲間に対する信頼もあつい。」と述べています。

この調査は、カナダ、フランス、ドイツ、インド、オランダ、イギリス、アメリカにおいて8,000人を対象に行われ、うちインド人は1,016人でした。
今回の調査結果によれば、インド人の5人に2人はインドという国の競争心を強く信じてはいるものの、大多数の人々は経済的困難から完全に脱却するにはまだまだ力不足と感じていることがわかりました。

The survey said that two in five (40 per cent) Indians have a strong belief in their country’s competitive spirit, but the majority of the population actually doesn’t feel fully confident about their country’s ability to completely bounce back from economic hardship.

なお、「自分たちはハードワーカーだ」と回答した率が高いのは、インドに次いで中国が79%、ドイツが75%でした。

何をもってハードワーカーとするか、どの程度がハードワークなのかはそれぞれの主観によりますが、ちょっと意外な興味深い結果ですね。

参考:one.in
http://www.one.in/hindustantimes-mumbai/indians-feel-themselves-most-hard-working-after-americans-870170.html