【アメリカ】3分の1以上の企業が「過去1年で福利厚生を増やした」と回答

国内・海外ヘッドライン世界各国の福利厚生2015.10.14あなたの会社の福利厚生は、ライバル企業に遅れを取っていないだろうか?全米人材マネジメント協会(SHRM)の調査によれば、アメリカ企業の3分の1以上(35%)が、「過去12カ月間に、福利厚生プログラムの数を増やした」と回答した。SHRMは、500人近くの人事担当者を対象に、彼らの企業の福利厚生について調査を行った。その結果、最も一般的な福利厚生は、医療保険や退職準備支援などだった。まだそれほど一般的ではないが、近年多くの企業で導入が進む福利厚生もある(括弧内は、2011年からの増加率)。また8%の企業が、今後12か月のうちに、ウェルネス