【イギリス】成功者たちの朝のルーティーン

Successful-Leaders-routines

朝をスタートさせる方法が成功の明暗を分ける可能性があります。ウェブサイトsleepypeople.comは世界で最も成功した人物たちの朝の日課に注目しました。

スティーブン・ジョブズ:Appleの共同創設者で、死亡時の資産が110億ドルと伝えられる彼には奇妙な日課がありました。彼は鏡を見つめ、こう自問しました;「もし今日が私の人生最後の日なら、今日行うことに私は満足しているのか?」。もし「ノー」の答えが何日も連続した場合、彼は何かを変えねばならないことを知ったようです。

マーク・ザッカーバーグ:Facebookの共同創設者として約359億ドルの純資産を有する彼は、自身の成功の原因の1つが「服を着る方法」にあると考えています。彼は毎日同じスタイルの服を身に着けていますが、これによって「下すべき決断が1つ減る」と発言しています。

バラク・オバマ:現在のアメリカ大統領である彼は、6:45amのウエイトトレー二ングと有酸素運動で毎朝をスタートさせます。その後、娘に学校の準備をさせながら家族と朝食を取るようです。

ビル・ゲイツ:Microsoft創設者である彼は健康の推進者として知られており、毎朝The Teaching Companyの教育コースを聞きながら、ランニングマシンで1時間を費やします。

ハワード・シュルツ:StarbucksのCEOで29億ドルの資産を有する彼は自身の朝の日課をBloomberg Businessweekに明かしています;「私は毎朝4:30amに起床し、3匹の犬を散歩させて体を動かします。その後、5:45amぐらいには8カップ用のBodumのフレンチプレスを使って自分と妻のためのコーヒーを煎れています。」

参考:HR Grapevine
http://www.hrgrapevine.com/markets/hr/article/2015-10-09-morning-routines-of-the-worlds-most-successful-people

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *