業界別の平均給料(マレーシア)

news66

JobStreet.comは、新入社員からシニアマネージャークラスまでのそれぞれのポジション別に、マレーシア国内での職種別収入のトップ10を発表しました。情報通信技術系に対する報酬は今年も引き続き高額が見込まれています。
医療、技術、金融、IT系のエグゼクティブクラスのポジションでは平均RM2,800(US$845)の収入を得ており、マネージャー以上のポジションではIT、科学、技術系が高収入であることがわかりました。

新卒では薬剤師が最も高収入となっており、ジュニアエグゼクティブクラスの最高額は医師、シニアエグゼクティブクラスでは地球物理学、マネージャークラスでは医師、シニアマネージャークラスではハードウェア関連のIT系が最高額となっています。

ニールセン社の調査では、マレーシアの人々が就職において最も重視するポイントは給料であるとのデータが出ており、今回の調査は注目すべき結果となっています。

Salaries are a predominant factor with Malaysian jobseekers, JobStreet.com noted, citing a recent Nielsen survey that showed that when it came to choosing a job, salary is their most important consideration.

参考:hrmASIA
http://www.hrmasia.com/news/latest-news/ict-pays-more/183177/