4人に1人はボーナスもらえず(タイ)

30225407-01_big

Jobstreet.comの調査によれば、2013年、タイでは28%の労働者がボーナスをもらえていないことがわかりました。
ボーナスをもらった労働者についても、そのうちの72%はその額に不満をもっており、半数近くは2万バーツ以下のボーナス額となりました。

前年と比較すると、46%はほぼ同額、29%は減額、26%は増額という結果に。

調査はJobstreet.comの会員3096名を対象に行われ、その職種やポジションは多岐に及びます。
ポジション別の内訳は、一般社員が66%、やや上級の社員が14%、マネージャークラスが16%、シニアマネージャークラスが2%です。

Jobstreet.comのタイ地域の代表は調査結果を以下のようにまとめています。
「ボーナスは全体的に低く、もらえた人でも約半数は給料の1ヶ月分以下の額にとどまっています。給料の6ヶ月分以上のボーナスを得た人は全体のわずか2%に過ぎず、5万バーツ以上のボーナスが支給されたのは全体の4分の1に過ぎません。20万バーツ以上を支給されたのはたったの3%の人たちだけです。」

Regarding the survey result, 46 per cent got only one month or less than one month salary bonuses while only 3 per cent got higher than six-month salary bonuses. This is the first year we asked about the amount of payment. One fourth of all respondents received the bonuses equal or higher than Bt50,000, but only 3 per cent of this group got the bonuses higher than Bt200,000.

タイでは年に1回12月にボーナス支給というのが一般的です。大手日系企業では7~8ヶ月分というところもありますが、企業による格差は大きく、一般労働者の不満は募っているようです。

参考:THE NATION
http://www.nationmultimedia.com/business/One-fourth-of-Thai-employees-didnt-get-bonuses-in–30225407.html