アウトソーシング社(日本)がアルプコンサルティング社(インド)を買収(インド)

30249548.cms  325×181

日本の人材派遣会社アウトソーシング社は、インドのバンガロールに拠点を置く人材系企業アルプコンサルティング社の株式の51%を500万ドルで取得しました。
急成長するインドの雇用市場での事業拡大を狙った今回の動きについて、アウトソーシング社のCEO土井氏は以下のように述べています。
「日本とは異なり、インドの労働人口はこの先20年間でおよそ2億4千万人増えるとみられており、我々はこの早い成長に期待しています。」

アウトソーシング社は今回の買収を通じて、インドで事業拡大している日本企業の人材派遣やアウトソーシングのニーズに応えることを目指しています。すでに同社は、スズキ、トヨタ、ソニー等の17の日本企業とその傘下にある19の海外の企業に対して、契約社員や人材派遣等のサービスを提供しています。

アルプコンサルティング社は1996年に設立され、人材派遣や人材系アウトソーシングサービスを提供する企業で、ムンバイ、デリー、チェンマイ等6か所の拠点を持っています。
インドの人材派遣協会によれば、インドは中国やブラジルに並ぶ世界最大の人材派遣市場であり、今後成長が期待されています。なお、世界的には人材派遣市場は1800億ドルの価値があると推定されています。

India ranks amongst the largest markets for staffing services besides China and Brazil according to the Indian Staffing Federation. Globally the staffing market is estimated to have a value of $180 billion (Rs 11.23 lakh crore).

参考:The Economic Times
http://economictimes.indiatimes.com/news/news-by-industry/jobs/japans-outsourcing-inc-buys-majority-stake-in-alp-consulting/articleshow/30249298.cms