10人に9人は海外でのキャリアアップを検討(シンガポール)

Aviation_63

シンガポールはその力強い経済の発展によって、多くの外国人にとって働きたい国のトップランクにあります。にもかかわらず、最近のJobStreet.comの調査によれば、シンガポール人の88%が数年間は海外でキャリアを構築したいと考えていることがわかりました。

According to JobStreet.com, despite the country’s economic progress and the fact that many foreign professionals want to work in Singapore, a recent JobStreet.com survey revealed that 88% of Singaporeans hope to build a career abroad for a couple of years to build their professional profile.

回答者の28%は海外での仕事の機会を積極的に探しており、60%はいつかは海外で働いてみたいと考えているようです。シンガポールに留まりたいと考える人はわずか12%という結果になりました。
海外で働きたい理由としては、「将来に向けて国際的に活躍したい」が35%、「より良い賃金と生活条件を得るため」が24%と続きます。しかしながら彼らもずっと海外で働くことを望んでいるわけではなく、3~5年の海外経験の後にシンガポールに帰国したいと考える人が大半のようです。

希望の就職先としては、27%の人がオーストラリアを最も理想的な国としてあげています。

なお、今回の調査は23歳~40歳の771名のシンガポール人を対象に2013年11月に実施されました。

参考:SINGAPORE BUSINESS REVIEW
http://sbr.com.sg/hr-education/news/leaving-jet-plane-almost-9-in-10-singaporeans-eye-overseas-jobs