中国人ビジネスマンが評価している雇い主はドイツ企業、米英企業を大きく上回る―中国メディア

ダウンロード

ドイツ紙ディー・ツァイトの報道によれば、最近発表された「2014年の人材争奪戦」に関する調査報告で、中国人の若者のドイツ企業への評価が高く、米国や英国の企業への評価を大きく上回ることが分かった。人民網が12日伝えた。
調査は中国とドイツ、ブラジルの18歳から34歳の人、3000人を対象に、各国企業の待遇や新入社員の仕事のチャンス、技能を高める機会などについて質問した。