Generation Yには金融・銀行系が人気(マレーシア)

file000716464570

Generation Y(一般的には1980年代前後生まれの世代を指す)と呼ばれる世代の人々には、金融、銀行系が人気のキャリアであることが近頃の調査でわかりました。業界のグローバル化、労働力の移動、有能な人材の流出等においてもGenYの影響力が注目されます。

Jobstreet.comが調査したところでは、多くのマレーシア人には、製造、IT、金融・銀行、建設、小売業が人気ですが、特にGenYの世代には銀行・金融系が人気です。
この世代が政治・経済に与える影響は大きく、マレーシアの雇用市場においても鍵になると言えそうです。

所得においてマレーシアが中上流の国として成長しているのは、その一貫した人材への投資によるところが大きいと専門家は述べています。
「マレーシアには世界に通用する非常に優秀な人材が揃っていることは間違いありません。しかしながら、グローバル化の中で、有能な人材を自国内で取り合っている状況が今のマレーシアの雇用市場の問題点です。」

“There is no doubt that Malaysia has skilled talent that is world class,” he said, adding that, unfortunately due to globalisation and the increased mobility of labour, the country fould itself having to compete for its own talents in the market.

2010年にはスキルのあるマレーシア人の10.5%が国を出て海外に移住しています。優秀な人材の流出防止もまた、マレーシアという国の将来にとって大きな課題のひとつです。

参考:National News Agency of Malaysia
http://www.bernama.com.my/bernama/v7/bu/newsbusiness.php?id=1014145