JobStreetとJobsDBが合体!? SEEK社がJobStreetを買収(オーストラリア/マレーシア)

btlogo

オーストラリア最大の就職・転職サイトを運営するSEEKは、アジアでの事業拡大の一環として、マレーシアに拠点を置くJobStreetを5億8000万オーストラリアドルで買収することを発表しました。

JobStreetは、マレーシア、シンガポール、フィリピン、インドネシア等のアジア諸国で事業を展開し、月間15万件以上の求人情報を掲載し、1100万人以上の求職者を会員に持つ就職・転職サイトです。

SEEKはすでにJobStreetの株式の22%を保有しており、今回の買収は子会社であるSEEK Asiaによって実施されます。
SEEK Asiaはアジア有数の就職・転職サイトであるJobsDBの株式の80%を保有しており、今後、JobStreetとJobsDBの融合の可能性が期待されます。JobStreetの昨年の収益は5600万オーストラリアドル、JobsDBの収益は5100万オーストラリアドルでした。
「JobStreetとJobsDBのコンビネーションが、驚くべきオンライン人材市場をつくり上げるでしょう。JobStreetとJobsDBが合わさると1億4000万人の雇用市場を相手にすることになり、これはオーストラリアの14倍にあたります。」とSEEKの代表は述べています。
「このふたつのビジネスの融合が、アジアの人々の生活・人生にとって有益なものとなり、成長し続けるアジア経済をアシストする要素になることをSEEKは期待しています。」

SEEK is excited that both businesses will make a large and positive contribution to people’s lives and assist in Asia’s ongoing economic growth.

アジア最大手ともいえるJobSteetとJobsDBの融合は、アジアの人材業界に大きな一石を投じることになりそうです。

参考:BUSINESS TIMES
http://www.btimes.com.my/Current_News/BTIMES/articles/20140219102326/Article/index_html