採用担当者のホンネ調査【~採用の常識・非常識~】 前職の会社・業種のイメージは採用に影響する。 ただし、必ずしもネガティブな理由だけではなかった!

総合転職エージェント 株式会社ワークポート(東京都品川区、代表取締役社長 CEO:田村高広)は、ワークポートの取引企業の採用担当者に向けて実施した“採用担当者のホンネ調査【~採用の常識・非常識~】”の結果をお知らせ致します。

【内容】
Q.候補者の前職の職種や会社のイメージが採用に影響することはありますか?

da7a52d4b5b5a67c4f39c7bd97105c54

「あの企業はなんだかイメージがよいな」とか、「あの仕事はちょっときつそうだ」などというイメージを膨らませながら転職先を探す人も少なくはないはず。人それぞれ企業や業種・職種などに抱くイメージは違いますが、採用においてそれらのイメージは影響を与えることがあるのでしょうか。今回のアンケートの結果によると、前職の業種や会社のイメージが採用に影響することが「ある」と答えた採用担当者はなんと 63%と半数を超えました。ただし、「前職のイメージがあまりよくないので選考で不利かもしれない」と落ち込まなくてOKです!理由は決してネガティブなものだけではありません。採用担当者は応募書類の限られた情報や、面接でのやり取りの中でその人のスキルや経験値、ポテンシャルを判断しなければなりません。前職のイメージを膨らませることで、そこで働いていた人の価値観、仕事観、人間性のイメージを膨らませているのです。例えば残業が多い企業で5年働いていた……となると、「この人は残業にも耐えられるガッツがありそうだ」、売り上げ数値にこだわる会社にいたとしたら「数値にコミットする能力がありそうだ」、明らかに“ブラック”だといわれているような企業で働いていた経験があったとしても、「意外とストレス耐性があるかもしれない」というような印象をもたれることもあるのです。

どんな企業・業種で働いていたとしても、失敗をしてもそこから学べた経験はプラスとなるように、そこでの経験は言い方次第でプラスに転じることが可能です。自分自身の経験やこれまでの選択に自身をもってアピールすることが肝心なのです!

【調査概要】

調査内容:採用担当者の意識調査
調査対象:ワークポート取引企業の採用担当者(57社)
調査期間:2016年 4月 11日(月)~2016年 5月 13日(金)

アンケート掲載ページ:http://www.workport.co.jp/recruit_data/detail41.html

■本リリースに関するお問い合わせ

株式会社ワークポート 担当:清水
フリーダイヤル :0120-77-1049(代表) E-mail : otoiawase@workport.jp
所在地:〒141-0032 東京都品川区大崎 1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー6/9F
URL:http://www.workport.co.jp/corporate/ facebook:https://www.facebook.com/workport