職業訓練プログラム 42,000人の雇用をサポート(マレーシア)

new-straits-times.gif.pagespeed.ce.T7P3I91o9E

マレーシアの職業訓練プログラムSL1Mによって、大学卒業後に就職できなかった若者42,000人が就職したことがわかりました。
SL1M(the 1 Malaysia Training Scheme)は、マレーシア政府が実施する職業訓練・研修プログラムで、マレーシア政府が認定する教育機関で学士号以上を取得し、一定の条件をクリアした人に提供されます。

SL1Mを受けると、卒業後6ヶ月経っても就職が決まっていない人は、政府の提携する指定の企業において、最低月給1,000リンギを受給しながら1年間の職業研修を受けることができます。

SL1Mはナジブ・ラザク首相が立ち上げたブミプトラ経済的エンパワーメントの議題のひとつであり、企業側からも非常に好評で、多くの企業がプログラムへの参加を申し出ています。

高等教育局の副局長はこう述べます。
「30万人の大学卒業生のうち、71%は半年以内に就職しています。政府は英語教育に力を入れており、インドからネイティブの英語教師を招いたりしていますが、その他の国々にも拡大して、正しく流暢な英語のコミュニケーション教育を実施する必要があります。また、卒業生達の人格形成や自己アピール力などのサポートも検討しています。」

The government is spending a substantial amount to bring in English language teachers from India as well as countries where English is the mother tongue to tackle the proficiency problem. We should also look into character building and boosting the confidence level of our graduates.

参考:NEW STRAIT TIMES
http://www.nst.com.my/nation/general/42-000-secure-jobs-with-sl1m-1.494839