国外のシンガポール人を国内へ!(シンガポール)

10428017_s

シンガポール政府は、国外に滞在するシンガポール人を国内に戻すことに大きな力を注いでいます。

シンガポールには、経済開発省と人材労働省が共同で設立した政府機関『コンタクト・シンガポール』があります。もともとは、企業と個人の橋渡し的な役割の中で、有能な外国人の人材を確保することに重きを置いていた機関ですが、最近では、海外にいるシンガポール人を国内に戻すことに注力しています。そのためには、人材紹介会社やヘッドハンター等も利用しているとか。

The Singaporean government is using headhunters to entice overseas Singaporeans back to the country.

ヘッドハンターの起用については公にはされていないようですが、キャリアコーチングや履歴書のブラッシュアップ等、シンガポール人に対しての就職サポートまでもヘッドハンターに依頼するケースもあるようです。
気になるのはヘッドハンターへ支払われる報酬ですが、これについてはあくまで採用する企業側が負担します。

国内からの人材の流出と移民による労働力の確保は、シンガポール政府にとって悩ましい問題のようです。

参考:hrmASIA
http://www.hrmasia.com/news/latest-news/singaporean-government-keen-to-woo-overseas-citizens-back-home/184839/