「多様性」に関する企業幹部の認識、男女で大きな差

企業の従業員や取締役が多様性に満ちている方がより堅調な業績を達成する、という調査結果が一貫して示されているにも関わらず、企業におけるダイバーシティの捉え方はまちまちな状態が続いている。

監査法人プライスウォーターハウスクーパース(Pwc)が取締役を対象に行った調査報告によれば、取締役のメンバーは多様な人種やジェンダーである方が業績に良いと答えた人は、女性取締役が89%だったのに対し、男性取締役はわずか24%だった。