調査報告:数学関連業務の採用活動では、男女ともに男性を採用する率が2倍程度

3318600273_3ef4c48d0a_b
女性がガラスの天井を打ち破れない理由について、新たな研究結果が発表された。意思決定者が男性である場合のみならず、女性であっても、数学の関係する仕事については、2倍の確率で男性の方を雇うことにする傾向があるようなのだ。

紹介する内容はコロンビア大学、ノースウェスタン大学、およびシカゴ大学が共同して行った調査によるものだ。数学能力を必要とする(架空の)人材採用活動について、被験者の先入観をはかるものだ。