米国ギグ・エコノミーとフリーランサーをめぐる課題

はじめに
米国ではUberをはじめとするライドシェアサービスが順調である。2009年にサンフランシスコで創業したUberは瞬く間にほぼ全州に広がり、2016年現在、76カ国473都市で利用されている。その資産価値は625億ドルともいわれ(※1) 、フォードやホンダに匹敵するレベルである。