主要求人媒体の年収分布について

[xyz-ihs snippet=”140324″]

今週の「チャートで見る人材業界」は、正社員系媒体の年収分布についてまとめました。

調査媒体:マイナビ転職、リクナビNEXT、en社会人の転職情報、doda、イーキャリア、Green
マイナビ転職エージェントサーチ、リクルートエージェント、エン転職コンサルタント
年収調査方法:掲載されている「月収の下限値 × 12ヶ月」を概算年俸として、年俸を算出しています。
※賞与などは加算していません。

調査媒体の年収帯域は上記の図の通りとなりました。
上位5位の年収帯は下記のとおりです。

1位:251万円~300万円25%
2位:250万円以下18%
3位:351万円~400万円17%
4位:301万円~350万円11%
5位:451万円~500万円8%

年収400万円以下が求人全体の70%程度を占めています。

転職サイト系・エージェント系でそれぞれ見てみても、転職サイト系で90%程度、エージェント系でも60%程度の割合を占めており、
400万円以下の求人が現在の主流であると言えそうです。

エージェント系では、800万円帯の求人にもボリュームゾーンがあり、
年収帯の2極化が進んできているのかも知れません

ふろぐん

年収の2極化が進んできていそう。
もっと勉強しなければ。