LinkedInで希望の仕事を手に入れるための5つのステップ(シンガポール)

12432411_s

LinkedInのユーザー数アップに最も貢献しているのは学生達です。しかしながらその三分の二はビジネスの慣習の知識がないためにうまく使えていないようです。

The National Studentでは、オンライン上でのプロフィールを最大限に活用して希望の仕事に就くために、その方法をキャリアの専門家がアドバイスしています。

According to an online article on The National Student, now is an opportune moment for the site’s career experts to provide tips on how to secure a job by utilising your online profile.

1.良い写真を選ぼう
写真をアップロードすると、その写真は約11回見られることになります。必ずきちんとした写真を載せましょう。特に遊び半分の写真やアバター等は厳禁です。

2.良い見出しを
見出しはあなた自身を表現するだけでなく、あなたが何をしたいのか、どんな仕事に就きたいのかも表します。また、短く簡潔に書くことで検索結果にあがりやすくなります。あまりに個人的なことや巧妙すぎるものは将来の雇用主を不愉快にさせることがあります。

3.学歴や資格を明確に
学歴や資格を詳しく書きましょう。学校名や学部を書くだけではなく、どんな授業を受けてどんなスキルを身につけたのかをアピールしましょう。雇用者や将来の上司にあなたの能力をアピールする絶好のチャンスです。

4.経験や体験をリストアップ
あなたの経験は必ずしもあなたが就きたい仕事に直結するものではないかもしれません。しかしながら、いかなる経験・体験も何らかの形で検索にかかる可能性があります。時間管理、組織力、チームワーク、柔軟性など、プロフェッショナルに表現できる経験があるはずです。

5.推薦をもらう
過去に仕事をしていた場合は、あなたの能力について以前の職場から推薦をもらえるとベストです。推薦はあなたがいかに有能であるかをアピールしてくれます。あなたのプロフィールにおいても重要であり、見る側にとっても非常に参考になります。

LinkedInがメジャーな国々では、学生、社会人を問わず、就職・転職活動にLinkedInを利用する人が非常に多く、このようなアドバイスもとてもさかんです。
オンライン上で積極的に自己アピールする就職活動は徐々にスタンダードになりつつあるようです。

参考:hrmASIA
http://www.hrmasia.com/news/latest-news/five-steps-to-snag-your-dream-job-via-linkedin/185479/