全米産業審議会の消費者信頼感、3月は予想上回る改善

WSJ_profile_lg-180x135
 全米産業審議会(コンファレンスボード)が25日発表した3月の消費者信頼感指数では、消費者が厳しい冬を乗り越え、経済の先行きをより楽観視していることが明らかになった。

 3月の消費者信頼感指数は82.3と、2月の改定値78.3(速報値は78.1)から上昇した。