人材派遣 2015年までに200%増加(フィリピン)

Philippine-Business-News-ford04012014
IT系人材サービス大手のCollaberaは、人材派遣の需要は2015年までに200%増加すると予測しています。Collaberaフィリピンによれば、派遣社員を求める企業は世界的に増えており、特にフィリピンはITとビジネスプロセスマネジメントサービスに最適の環境であることから、その傾向が高まっています。

CollaberaはアメリカトップのIT人材サービス企業で、世界的な実績を持っており、フィリピンにおいてもマニラやセブ、その他地方都市の雇用をサポートしています。いまアジアで最も力のある人材企業のひとつであり、フィリピンでも450以上のさまざまな契約企業に対して積極的な人材派遣を展開しています。

ITのような高い専門性を持った産業においては、厳しい職業訓練が必要なだけでなく、それぞれの企業が独自のサービスやスタイルを持っていることが多くあります。Collaberaは2011年にフィリピンでの人材派遣サービスを始め、専門的で価値のあるスキルを持った人材を柔軟に雇用できるサービスを企業に提供しています。

Collaberaによれば、派遣制度は非常に効果的なビジネススタイルであり、価値あるアウトプットが狙えるだけでなく、既存の社員の負担軽減にも大いに役立ちます。特に専門性の高い業務においてはスペシャリストを派遣社員として採用する方が得策と言える場合もあるでしょう。

「Collaberaのような人材派遣企業のサービスは、企業の人事部門にとって大いに役立っています。派遣社員は、短期的に補うためだけの存在から、企業の労働力そのものに成長しています。」Collaberaのサハ氏は述べています。
「幅広い人材の確保もまた、人材派遣が持つ本質的な要素のひとつです。人材サービス企業と協力することで、企業の人事担当者は、特定のスキルや特殊な経験を持つ人材を見つけだすことが容易になります。さらに、特定の期間だけ雇用するのか、永続的に雇用するのか、その形態も自由です。」

The staffing industry’s unique access to a wide range of workers is one of the essential benefits it offers clients. By working with staffing firms, HR professionals can quickly find individuals with specific skill sets or hard-to-find work experience. These individuals can be brought on board for a brief period or they can be hired permanently.

参考:Malaya Business Insight
Malaya Business Insight
http://www.malaya.com.ph/business-news/business/temporary-staffing-increase-200-2015