インドで最も魅力的な雇用者はマイクロソフト社(インド)

33829112.cms  399×252
雇用者としてインドで最も魅力的な企業はマイクロソフト社であると、人事・人材サービスを提供するランドスタッド社が発表しました。
IT、通信関連は労働者の間で最も人気の高い就職先ですが、中でも世界的なソフトウェアサービスを提供するマイクロソフト社が4年連続で最も魅力的な企業に選ばれました。
次いでソニー・インディアが選ばれ、建設ではラーセン・アンド・トゥブロー、銀行ではインド・ステイト銀行、観光・ホテルではタージ・グループ、エネルギーではタタ・パワーが最も魅力的な雇用者に選ばれました。

この結果は、インド国内の8,000名を超える労働者からの回答をもとに発表され、就職先を選ぶ際の最重要ポイントは、給与、福利厚生、雇用期間の保証であることもわかりました。他にも、企業の経営状態やワークライフバランス、職場の雰囲気、キャリアアップの機会等がポイントとしてあげられています。

また、男性は給与と雇用の保証を重視する傾向にあり、一方、女性は職場の雰囲気、フレキシブルな労働環境・条件を重視する傾向が見られました。そして、35歳以上の人々は経営状態の安全性を重視し、35歳未満は研修やグローバルなキャリアアップの機会を重視することもわかりました。

全般的に、IT、通信、電気通信系の企業は人気があり、回答者の70%以上が魅力的だと答えています。小売業、自動車産業がこれに続きます。

「インド経済は上昇傾向にあり、より高いギアにシフトしています。ビジネス全体の底上げと有能な人材の保持が重要になります。労働者が減りつつある中で、雇用者のブランディングはこれまでにない重要性を持ちつつあります。良い人材を長く保持するためには、他社との差別化を図り、高いブランド力を持った魅力的な企業をつくり上げる必要があります。」とランドスタッドのインド代表は述べています。

With employee attrition on the rise, employer branding has become crucial, now more than ever, and companies are viewing this as a competitive differentiators tool’ to build great brands that will help them attract, manage and retain best talent.

なお、回答者の41%は、企業に長く勤続するためにはよりリラックスした業務スケジュールが求められると答えています。

参考:THE ECONOMIC TIMES
http://economictimes.indiatimes.com/industry/jobs/microsoft-most-attractive-employer-in-india-report/articleshow/33829087.cms