人材求む! 急拡大するアジア航空市場、人手不足が深刻化

airplane-silhouette

アジア太平洋地域で今後20年、航空産業のさらなる拡大が予想される中、パイロットや整備士など運航スタッフ不足が深刻な問題となりつつある。航空各社はアジアへの投資を強化しているが、現場の人員養成が追いついていないのが現状だ。
シンガポールに拠点を置き航空会社向けに人材訓練を行うミルコム・エアロスペース・グループの副社長ボニー・シャーマ氏も、こうした事態を「最大の課題」と指摘する。航空各社が機体購入に大金を投じた結果、パイロットや技術者の訓練にまで資金を回す余裕がないのが現状だという。