豪州:9月の失業率、予想外の低下-東部で雇用拡大

オーストラリアの9月の失業率は5.5%と、予想外の低下となった。最も人口が多い2州での雇用拡大が背景。予想は5.6%だった。豪統計局が19日に発表した雇用統計では、雇用者数が前月比1万9800人増と、エコノミスト予想の1万5000人増を上回る伸びとなった。内訳はフルタイム雇用者数が6100人増、パートタイム雇用者数は1万3700人増。労働参加率は65.2%と前月(改定)と変わらず。豪ドル相場は現地時間午前11時51分(日本時間同9時51分)時点で1豪ドル=0.7866米ドル。雇用統計の発表前は0.7848米ドルだった。労働市場は今年に入り豪州経済の明るい材料となっている。