週90時間労働はもうごめん、ウォール街去る若手バンカー増加

data

5月12日(ブルームバーグ):2004年秋のある金曜日。モルガン・スタンレーで働くアンバー・アフマド氏は週末に親友の結婚式に招待され、詩を朗読する予定だった。ニューヨークを午後7時に出発するトロント行きの航空機に乗るつもりでいたが、バイスプレジデントに呼び止められた。大型案件を週末に仕上げる必要があると顧客が言ってきたのだ。企業の合併・買収(M&A)スペシャリストである彼女に選択の余地はなかった。結局フライトをキャンセルし、買収案件の分析修正に着手した。ブルームバーグ・マーケッツ誌6月号が報じた。