IT業界における男女格差(シンガポール)

15840362_s

シンガポールのIT業界は、深刻な男女差の不均衡に直面しています。現在の統計では、シンガポールのIT業界における女性の割合はわずか15%に過ぎません。

技術の専門職に特化した人材サービスを展開するGreythorn社によれば、キャリアを選ぶ女性にとって最も重要なポイントは、キャリアアップ(76%)と良い給与(76%)です。3番目のフレキシブルな仕事環境で、これまで以上に重要視されています。

84%の女性はIT業界で長期的に仕事を続けようと考えていますが、これは、IT業界に残りたいというよりも、別の道に進むのが困難な場合が多いことが理由のようです。
IT業界を離れた女性があげる離職理由は、家庭の事情(68%)やフレキシビリティのなさ(52%)となっており、回答者の70%はフレキシブルな労働環境があればIT業界でキャリアを積む女性も増えるだろうと答えています。

IT業界での勤務が5年未満の女性のうち30%は、給与において男女格差があるとしています。特に上級職になるほどその差は広がると感じている女性は多く、給与面での格差を感じている女性は68%にのぼります。

「今年、性別を超えた人材確保の優先度をあげられるかどうかが、急速に成長するシンガポールのテクノロジー市場での優秀な人材確保の鍵になるでしょう。」とGreythornのコンサルタントは述べています。

Making gender diversity a priority this year will be key to high performance and securing top talent in the rapidly growing Singapore technology market.

男女の差を埋めるためのアドバイス
・柔軟な労働条件の提供
・家庭的でフレンドリーな職場文化の構築
・復職制度の提供
・パートタイムや兼業のオプションの提供
・IT業界での女性の上級職をイメージし、人物像を描き出してみる
・IT業界で働く女性のネットワークを構築する

参考:hrmASIA
http://www.hrmasia.com/news/latest-news/women-in-it-acute-gender-imbalance/187229/