求人広告の未来―なぜ求人広告を進化させなければならないか(シンガポール)

The-future-of-recruitment-adverstising

従業員は企業にとって最も重要な資産のひとつです。優れた才能同士のコンビネーションは企業を簡単に成功に導いてくれるかもしれません。優れた才能を獲得する手段は採用活動であり、だからこそ採用活動部門は目的を達成するための最適な手段を見出す必要があります。求人広告は人材確保のための手段として急速に成長しており、避けられない変化を迎えています。

企業や組織の人材確保に対する動きは激化しすぎているかのようにも見えますが、厳しい雇用市場で優秀な人材を確保するためには必要な動きであるといえるでしょう。優れた従業員の確保を目標に掲げていない組織は、急速に落ちて行く可能性があります。
一方、有能な人材は自身のスキルを十分に把握しており、それを武器に世界に出て行く準備ができています。彼らは自身の能力を十分に活用でき、自分自身の長期的な目標達成に役立つ組織で働きたいと考えています。

<なぜ変化が必要か?>
企業が採用プロセスで広告を検討する際、第一に思い浮かぶのはコストの問題かもしれません。しかし見方を変えれば、この投資が適切で、良い人材が確保できれば、その人材が今後自社により多くの利益をもたらすことになるのです。加えて、企業間の人材獲得競争はもはや世界規模になっています。多くの時間と費用を投資して育てた人材は何度も就職活動をしようとは思いません。本当に優秀な人材が雇用市場に出ることは少なく、企業はレベルを下げた求人をせざるを得ないことになります。

<優秀な人材は職探しをしていない>
これは事実です。調査によれば、90%は自身の待遇やポジションに満足しており、自分自身の快適な居場所をすでに見つけています。しかし、残り10%の優秀な人材は積極的に転職を考えており、企業にも引き抜くチャンスは十分にあります。なぜその人材が欲しいのか、獲得する価値があるのかを考え、この10%を獲得しましょう。

<求人広告は求人のためだけではない>
これもまた事実です。求人広告がその先の市場に広がる可能性は大いにあります。例えば、人事コンサルタント、教育現場で学生と関わる人々、人材関連企業などに加え、一般の消費者にとっても求人広告は企業のブランドイメージとして有効です。そこから応募につながる可能性もあります。求人広告はコストに見合わないと考えられがちですが、期待以上の結果をもたらすことが証明されています。

This is true; because with advertising you hit even the secondary market for your ad, eliciting responses that may also benefit your company. For instance, your ad may also attract and develop brand ambassadors in the likeness of HR consultants, educators or third party recruiters. Even the basic consumers could very well be a brand advocate, influencing people they know to apply a job in your company. Recruitment advertising may seem like a long shot considering its cost, but the results could prove more than what is hoped for.

参考:HR IN ASIA
http://www.hrinasia.com/recruitment/the-future-of-recruitment-advertising-why-you-should-evolve-your-job-ads/