米労働市場、一部は完全雇用に近い状態=アトランタ地区連銀総裁

米労働市場、一部は完全雇用に近い状態=アトランタ地区連銀総裁

米アトランタ地区連銀のロックハート総裁は27日、米労働市場は一部の地域や業種が完全雇用状態に近づいている一方、それ以外は依然低迷しているとし、低迷している分野や地域は引き続き緩和的な金融政策を必要としていると述べた。

完全雇用を達成するため、インフレ率がFRBの目標である2%を若干超えてもよいとの認識で、2.5%までは許容範囲とした。