マレーシア建設業界、外国人労働者不足が問題…雇用プロセス最長8カ月

logo (3)

国内では多くの建設プロジェクトが計画、推進されているが労働力としての外国人労働者の調達が大きな問題となっている。ザ・スターが報じた。

マレーシア建設請負業者協会(MBAM)によると、外国人労働者の登録に時間がかかることから建設プロジェクトをスムーズに進めることができないのが現状だという。人材不足問題はこれまでにも生じたことがある問題であるが、新規プロジェクトが多く開始されておりマレーシア人を建設セクターで雇用することは困難であるため、外国人労働者に依存せざるを得ないという。